院長紹介 | 人と犬の整体院 『本町筋引き整体院』     
    HOME   »   院長紹介  »  院長紹介
    RSSフィード
     院長紹介
     犬の整体・マッサージ 『新中野』『中野新橋』『中野富士見町』より徒歩8分
     腰痛・膝痛・股関節痛・首痛・肩痛・等症状改善に効果抜群!『筋引き』療法
     自己紹介 1・1

     姫野 臣太郎 (ひめの しんたろう)

     
     自分が施術の道を歩む事になったのは、今は亡き愛犬ジョン(ゴールデンレトリーバー・享年14歳8ヶ月)の介護がキッカケでした

     お空のジョン (1-b)
     ありし日のジョン・・・(当院の玄関アプローチにて)

     13歳の頃に後肢が弱り、ついには寝たきり状態になってしまったジョン・・・獣医さんからは「あとはもう、やさしくしてあげて下さい・・・」と告げられましたが家族としては諦めきれず、必死になって独学で人間用の施術を犬の身体に照らし合わせながら施術を行い、その一週間後にはよろけながらも自力で歩行が出来るようになりました

     正式に整体の師に弟子入りしてからは、整体の技術を学んではそれを独自に犬の身体に照らし合わせてジョンに施術をする毎日で、ジョンはそれから1年半自力歩行が出来る状態を維持してくれましたが、残念ながらジョンは自分が一人前の施術師として認められる前に亡くなってしまいました・・・

     ジョンの為に施術を学んできた自分としては療術家として認められ開業するにあたり、自らの体を捧げて最後まで自分に尽くしてくれたジョンの気持ちに応える為にも“人とワンコの健康と幸せ”をテーマに掲げ、今現在は中野区本町にある「本町筋引き整体院」で人とワンコの為に施術(施術指導)を行わせて頂いております

     ご自身のお身体の調整はもちろん、愛犬の健康管理の為にも「本町筋引き整体院」をご利用して頂ければ幸いです!

     
     本町筋引き整体院 院長
     姫野 臣太郎




    新中野」「中野新橋」「中野富士見町」各駅より徒歩約8分

      ー の健康と幸せの為に ー
    click本町筋引き整体院

    (☎)090-9330-6556
    (✉)osoranojohnsan@gmail.com

     
     にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
     にほんブログ村
     にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
     にほんブログ村
    Relate Entry
    Comment
    Trackback
    Comment form
    お問い合わせ

    *上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

    QRコード
    QR
    プロフィール

    本町筋引き整体院

    Author:本町筋引き整体院


    本町筋引き整体院 フェイスブックページ2
    Facebookページ


    にほんブログ村 健康ブログへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 犬ブログへ
    にほんブログ村

    氏名又は名称:
     姫野 臣太郎
    事業所の名称:
     本町筋引き整体院   
    事業所の所在地:
     東京都中野区本町5-33-34
    動物取扱業の種別:
     保管・訓練
    登録番号:
     12東京都保第003632号
     12東京都訓第003632号
    登録年月日:
     平成24年7月4日
    有効期限の末日:
     平成29年7月3日
    動物取扱責任者:
     姫野 臣太郎

    FC2カウンター
    本町筋引き整体院
     ボタン 2・5
     ボタン 2・6
     ボタン 2・7
     
    メニュー・料金
     ボタン 2・1
     ボタン 2・2
     ボタン 2・3
     ボタン 2・4
    お客様の声
     ボタン 2・8
    お知らせ
     ボタン 2・9
    ブログ
     ボタン 2・10
    検索フォーム
    当院をご利用されるお客様へ
     当院の『筋引き整体』・『犬の整体・マッサージ教室』で行う施術(人間・犬)は治療行為を目的としたものでは無く、筋肉を調整して身体の状態を良好にし、その結果として身体にかかる負担を減らして様々なトラブル症状の緩和・解消効果を目指すものです。

     当院ではお客様(人間・犬)の様々なトラブル症状に対して治療行為を目的とした診断をする事はございません

     当ホームページ代用ブログに記載されているトラブル症状の名称等についてはお客様が医療機関等において診断されたという名称をそのまま記載させて頂いております

    PAGE TOP